トップページに戻ります
 北アルプス、写真・詩抄館の森[U]
 
   12-10

北アルプスへ行こう・・・・・素晴らしい出会いが待っている

  *北アルプスのページ区分項目(★***)は目安です

  *俳句は季語に拘らずに、歴語・仏語・山語・格語・夢語・論語・思想語・未来語・神話・民話・等をとり入れて詠んでいます。但しユダヤ教・キリスト教・異教徒等には違和感を避ける為に極力とりいれて読まないようにしています。

アルブスは 四季神慮に 峰響む」・・・雲劉
北アルプスは、千山万岳のごとく千里の道程なり・・・服神院


    ★U秋の涸沢の周辺、紅葉と山々

 a01涸沢、紅葉と山々−01   
 a02涸沢、紅葉と山々−02   
 a03涸沢、紅葉と山々−03   
 a04涸沢、紅葉と山々−04   
 a05涸沢、紅葉と山々−05   

 a06涸沢、紅葉と山々−06   奥穂高岳・ジャンダルム・前穂高岳 10-10-21
 a07涸沢、紅葉と山々−07   涸沢、朝焼けの峰々 10-10-22
 a08涸沢、紅葉と山々−08   涸沢の紅葉[T]曇り日の七竈 10-10-22
 a09涸沢、紅葉と山々−09   涸沢の紅葉[U]奥穂高岳と紅葉 10-10-23
 a10涸沢、紅葉と山々−10   涸沢の紅葉[V]涸沢岳と紅葉 10-10-23

 a11涸沢、紅葉と山々−11   涸沢の紅葉[W]北穂高岳と紅葉 10-10-24
 a12涸沢、紅葉と山々−12   涸沢の紅葉[X]晴れの涸沢の紅葉 10-10-24
 a13涸沢、紅葉と山々−13   涸沢の紅葉[Y]屏風ノ頭と紅葉 10-10-24
 a14涸沢、紅葉と山々−14   涸沢の紅葉[Z]前穂高岳と紅葉 10-10-25
 a15涸沢、紅葉と山々−15   北穗高岳 10-10-25

 a16涸沢、紅葉と山々−16  槍ヶ岳 10-10-25
 a17涸沢、紅葉と山々−17   涸沢、早朝の峰々 10-10-26
 a18涸沢、紅葉と山々−18   南岳 10-11-01
 a19涸沢、紅葉と山々−19   涸沢岳 10-11-01
 a20涸沢、紅葉と山々−20   屏風ノ頭 10-11-01



    ★蝶ヶ岳・常念岳・大天井岳方面

 b01蝶ケ岳・常念岳方面−01   05-09-20
 b02蝶ケ岳・常念岳方面−02   蝶常念岳方面からの穂高の峰々 10-10/26
 b03蝶ケ岳・常念岳方面−03   蝶常念岳方面からの槍ヶ岳 10-10/26
 b04蝶ケ岳・常念岳方面−04   蝶常念岳方面からの南岳 10-10-27
 b05蝶ケ岳・常念岳方面−05   蝶ケ岳・常念岳 10-10-27

 b06蝶ケ岳・常念岳方面−06   蝶常念岳方面からの前穂高岳10-10-28
 b07蝶ケ岳・常念岳方面−07   蝶常念岳方面からの奥穂高岳 10-10-29
 b08蝶ケ岳・常念岳方面−08   蝶常念岳方面からの涸沢岳 10-10-29
 b09蝶ケ岳・常念岳方面−09   蝶常念岳方面からの北穂高岳 10-10-29



    ★大滝山・徳本峠・霞沢岳方面

 c01大滝山-01  12-09-20



    ★天狗原の周辺、紅葉と山々

 d01天狗原・槍沢、紅葉と山々−01   
 d02天狗原・槍沢、紅葉と山々−02   
 d03天狗原・槍沢、紅葉と山々−03   紅葉と槍ヶ岳



    ★唐松岳・五竜岳・鹿島槍・針ノ木岳・蓮華岳方面

 e01五竜・鹿島槍・針ノ木岳-01   鹿島槍ヶ岳 10-09-15
 e02五竜・鹿島槍・針ノ木岳-02   針ノ木岳・スバリ岳 10-09-16
 e03五竜・鹿島槍・針ノ木岳-03   冷池テン場 10-09-17



北アルプスの草木となれ         
そして美しく歩いて咲き誇れ   
      孤独忘れという人生が山人を待つ

                                      ・・・服神院


登山は焦らず急がず歩け
                                       ・・・服神院



    ★唐沢岳・燕岳・餓鬼岳方面

 f01燕岳−01  昭和43年頃 10-11/**
 f02燕岳−02  昭和47年頃 10-11/**

 f04燕岳−04  燕岳 05
 f05燕岳−05  特異な岩 05
 f06餓鬼岳&唐沢岳−06  05  10-11/**



    ★赤牛岳・水晶岳・雲ノ平方面

 g01雲ノ平・祖父岳   1994 10-11/**



    ★鷲羽岳・三俣蓮華岳・双六岳方面
 h01



    ★野口五郎岳・烏帽子岳・船窪岳方面
 k01



北アルプスに行って              
自然の逆鱗に触れぬ程度に
快楽の如く過ごしてみよう
時にはお酒を飲み酔おう
自然の北アルプスの風が
心身に染み込むであろう

                           ・・・服神院




苦しみ喘ぎは登山の花である」・・・服神院
北アルプスは大いなる自然の宝庫である」・・・服神院