トップページに戻ります
語  の  森 
 
 山語録・四字熟語・一文字        12-10

野に咲く花・山に咲く花を求めて学べば、野山に故郷を知り自然を欲する



    山  語  録
 山語は所詮、 
    服神院のつぶやきの対話の記録でしかない


 山を愛するなら、己の山訓を持て・・・服神院

 *野山の詩歌は我が心の糧
 *山は我が人生なり
 *我が登りし山は我が故郷なり
 *山寺の開眼名は服神院なり
 *我が好む山とは自然の存在である


 野山に出かけて自然と戯れて、話しかけていると いつの間にか、対話が生れ小生の山語となった
 *人徳者に身を案じて説教され我に山の道知る 
 *山の道は真であれば山行に誰を問わず
 *山は自然が第一なり
 *山の神が栄えるなら自然の調和と摂理を悟らせよう
 *祠は我が学びの宿なり・石仏は我が心の友なり

 *山に自然の愛があるから山に行くのである
 *野山は自然なる自分の家となり
 *健脚な人ほどゆっくり登れ
 *登山いまだ登口なり
 037


 *山は知なり、里は和なり、則ち学ぶところに故郷あり
 *山旅での出会い触合いは心の温もりなり
  *山の道は、生かされて自ら学ぶ人生の生きる道なり
  *藪山を親しみに会得すれば智者になりて天籟聞こえるけり
  *登山は安全に徹して、青山は里にすべし

  *山に登る者は頂きを知る、頂きを知る者は山を知る
  *山を征服すれば、衣錦の栄に山人あり
  *山ありといえどもらざれば其の旨きを知らず
  *野山に親しむなら野山の空気を悟れ
  *五宝をもって山に登れば山光水明なりる


 *山の道は考える足の根本である
 *山旅は我が人生の歴史である
 *聖水は自然を温める薬なり
  *山の神髄は登山道なり
  *野山を学で歩けば自然の礼と楽を成る

  *登山は連理の道なり
  *頂きにて静かに見れば全て自然なり
  k38
  k39
  *登山は精神の健康の源なり



  *登山の道を知るは易く、登山の道を言うこと勿きは難し
  *登山に個性や想像力を持ち込んで愉しく登ってこそ人生は充実する12-12-23
  *山に登っている時は良い時、限りなく愉しい時なり 13-01-01
  *山頂は山人を麗しくさせてくれる所なり 13-01-01
  *登山はその心がけにあり 13-01-02

  k41
  k42
  k43
  k44
  k45




一山に登り         
自然に憑かれば
詩歌一つ
      座右銘ひとつ
             倫理の道

               ・・・服神院





                 福沢諭吉訓

 1)世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つ事である
 1)世の中で一番惨めなことは教養のない事である
 1)世の中で一番寂しいことは仕事のない事である
 1)世の中で一番醜いことは他人の生活を羨む事である
 1)世の中で一番尊いことは人のために奉仕して決して恩に着せぬ事である
 1)世の中で一番美しいことはすべてのものに愛情を持つ事である
 1)世の中で一番悲しいことは嘘をつく事である



                 服 神 院 訓

 2)世の中に生かされたなら生きぬく事である
 2)世の中で生きるには法とマナーを守る事である
 2)世の中で生きるためには財力を蓄える事である
 2)世の中で徳になることは学んで行動する事である
 2)世の中で善良になるには中庸に社会に接する事である
 2)世の中で平凡に過ごすには家庭を持つ事である
 2)世の中で幸福なことは家庭円満である事である
 2)世の中で輝くことは趣味を持つ事である
 2)世の中で生きがいなことは感激の人生を送る事である
 2)世の中で最後に安らぐことは自然に永久に帰る事である



           聖徳太子訓(聖徳太子十七条憲法より)

 第一条、人間と争わずに和を大切にして過ごそう
 第二条、三宝(健康・知識・富有)を尊敬し、尊び、礼を持って過ごそう
 第九条、お互いに疑うことなく信じ合って過ごそう
 第十条、人々と意見が異なっても腹を立てないように過ごそう



                               五常の道

  )世の中で人を愛し思いやりの心をもつ事
    世の中で全ての人に、平等で接する事

  )世の中で正義を貫く心をもつ事
    世の中で人間としての常に正しい道を貫く事

  )世の中で礼儀礼節を尊ぶ人になる事
    世の中で作法(マナー)を日々生活の中で守る事

  )世の中で善悪を真に理解する智恵をもつ事
    世の中であらゆる物事を論理的に噛み砕いて判断能力を磨く事

  )世の中で偽りなく誠実に信頼される事
    世の中で己の発した言葉を正しく貫く心身である事



   人は勤勉・倹約・積善で生活せよ・・・二宮尊徳

    この秋は 雨か嵐か 知らねども
               今日の勤めの 田草取るなり」・・・二宮尊徳




        ★什の掟・・・会津藩日新館の掟

 一、年長者の言ふことには背いてはなりませぬ
 二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
 三、虚言を言ふ事はなりませぬ
 四、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
 五、弱いものをいぢめてはなりませぬ
 六、戸外で物を食べてはなりませぬ
 七、戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ
 *、ならぬことはならぬものです
什(じゅう)


年長者(としうえのひと)

虚言(うそ)



婦人(おんな)






    野山の四字熟語
★野山に出かけて自然に戯れて何処からともなく口ずさむ独断の構成のもとに出来上がった四字熟語を載せていますが、所詮 服神院の呟き言です。
  また登山の糧としての表現の為に より短い言葉にして四字熟語で語りたい

 m01登山段歩

 m03てい徊山頂

 m05山頂至純

 m07山聖霊歩
 m02山登下思

 m04千山一歩

 m06山家愛車

 m08雲集真理





    年々の四字熟語
★新しい年を迎えて一年間の一つの概念を掲げて、それを四字熟語に託して表現してみました。新年を迎え平和で豊かな生活に日々過ごせるように祈る。

 u01年々四字熟語[01]  12 2017-01-01





豊かな言語をもって山に登る・・・服神院
四字熟語によって山を語る・・・服神院     
  四字熟語を持って年の人生を語る・・・服神院   








    年々の一文字[一語(題)]
*毎年何気なく過ごしていては人生に活力が欠けるので、その年にテーマを自分自身に与えていこうと思い一字・一語、すなわち一文字にてその一年を語って過ごしてみたい


*私の詩歌を詠むにあたって利用する文字&お題

r01年々の一文字[一語] [18]
      2018年度、 「善」&「お題:語」