トップページに戻ります
野山、俳 句 の 森 
 
   12-10
花々を訪ねると、俳句が生まれる
人は言葉によって表現して生きる


*俳句は季語に拘らずに、歴語・仏語・山語・格語・夢語・論語・思想語・未来語・神話・民話・等をとり入れて詠んでいます。但しユダヤ教・ヒンズー教・イスラム教・キリスト教・異教徒等の文句(カタカナ語など)を極力とりいれて詠まないようにしています。
 日本の野山を散策していると  大自然の素晴らしさに  感動して語り  俳句が生まれる
              短歌、俳人名 : 雲劉(うんりゆう) 

我れ俳句を詠み人寿幾年ぞ」・・・服神院




  野山、俳句の森

v01野山、俳句の世界-1 13-01-02



  野山の俳句

  *緑映えて伝説伝わる、山神の種池 信州、信濃町
  *深山の句碑 大阪府
  *龍を呼ぶ白く流れる滝
  *局ケ岳の俳風 三重県、飯南町・飯高町、高見山地
  *静かに美ヶ原を語る三峰山 信州、美ヶ原

  *尾張富士・大宮浅間神社の句碑 愛知県、犬山市
  *朝日浴びて我を呼ぶ憂愁な槍ヶ岳
  *高縄山の俳風 四国、愛媛県、松山市
  *秋を呼ぶナナカマドと雨飾山 信州、小谷村
  *丸黒山の可愛い石の絵 

  *冬の富士山 
  *岩村藩校知新館の碑 愛知県、岩村
  *平原の滝&俳風 愛知県、西尾市
  *修那羅の俳風 信州、筑北村
  *明神ケ岳からの富士山 12-12-24


h17鷲窟山・観音院の俳句 10-12-11
h18






「これがまあ 終の住処か 雪五尺」・・・一茶
若き日の服神院    信州、信濃町、丸山公園にて


  俳句文学・探訪の森

m01俳句教養の森[01] 18-05-25
      1・2・3、松尾芭蕉 1、2つの生家2、主従で腕磨く青年期   3、大俳人の神髄、紀行文
      4、宝井其角(ごかく) 早熟の天才
      5、斎藤俳小星(しょうせ) 虚子が認めた農俳人
      6・7、井上井月(せいげつ)  1、伊那谷の漂泊俳人   2、伊那の人々に愛され

m02俳句教養の森[02] 18-05-25
      8、永田耕衣 硬骨の俳人
      9、芭蕉、蕪村、一茶 日本の三俳聖
      10、蕪村、一茶、万太郎 日本橋の吸引力
      11、松本純、ねじめ正一、橋本栄治 現代俳句の模索
      12・13、 1、正岡子規 剛腕の改革者 2、絶筆の3句






あー 俳句草が、食べたいね
山に俳句あり、俳句は山にあり