サブページへ戻ります


輝く星空に除夜の鐘を聞き
新年の恵方参りに訪れる
村の神社に願かけ
燃ゆる炎に夢を託して
何を望むのだろうか

跳ねる神馬のように
家族は家内安全を祈る
若者達は華麗に駆けて
今を語り一時を過ごし
神社の釈尊の教えを得る

新年の炎に御神酒をかけ
訪れる人々の平安を願う
消えゆく神炎に別れを告げ
善き道へ向かうのだろうか
その年の多幸を願うのか

着実に時を刻み
 今日を過ごすしかないのか 
 明日に向かって行くしかないのか
 道は自分で築き生きるしかない

新年の鐘が鳴る

新年に願かけて何処へ行く

須坂の臥竜公園に、お地蔵様がある
訪れたら優しく声を、かけてあげましょう
きっとあなたに、善き事があるでしょう
 

2002年1月1日 須坂市、村石町・邑守神社にて



 午前零時!
 村石町の邑守神社で花火が上がり神音が聞こえてきた。フリースを着込んで首にカメラをぶら下げて外に出たら、寒々しい空に星が輝いていた。
 
 星を眺めながら歩いて行くと、この寒いのに野良猫が道に座っていた。
 いつも我が家に来て甘えて美味しい物を頂いていく、猫君の頭をなでながら
 「今年も我が家へ来いよ
 「ニヤオーン
 何時までも小生を見ていたが、神社へと歩いて行った。

 村石の神社に着くなり写真をパチリ・パチリと撮って、時を過ごした。御神酒を頂いて焚き火に当たり、写真を撮る事をくり返していた。

 同じ村の人とと話をしていたら、若い男女4人が焚き火に来て温(あた)っていた。
 始めて会う女性に何気なく話しかけたら、我が息子を知っていた。握手を求められてヽ(^。^)丿、家は坂田で佐久長聖高校を卒業して、22歳で今、大学4年生だと話した。

 話も弾み時間も2時を過ぎて、人が殆どいなくなっていたころ、担当が焚き火の日を消し始めた。神社の行事も終焉になり、彼女達は車で帰っていった。小生もしんしんと冷える冷気を浴びながら帰った。
 
  神社でお会いした若者達よ
  初詣に感謝して事故の無いように
  いつまでも健康で過ごそう