サブページへ戻ります
カモシカよ詩を聞いてくれ

2009-03-27 


坂田山を歩いていると尾根や山峡で
何度もカモシカに出会った
お前の寂しげな顔が愛しく感じる
お前が立ち去ると恋しくなる

カモシカよ去らずに詩を聞いてくれ



  知らずに山を歩いていると
  時には声を出して知らせてくれる
  時には一定の距離をおいて
  ジーと見つめてくれるカモシカよ
  私に何を語りたいのか
  私に何を伝えたいのか
  孤独な姿を訴えているのか




私は思う カモシカに会いたくて
坂田山へ徘徊しに行くのだと
そこには縄張りを守るカモシカの
生きざま生き方を知るために
己の人生の生き方に照らし合わせ
山に登って坂田山での行きずりに
生活するだけのカモシカでないためにも




  カモシカよジーと見つめて語ってくれ
  カモシカよ近づいて伝えてくれ
  そして私の拙い詩を聞いてくれ






  孤独に生き耐える姿を見せる為に
  坂田山は里山の素晴らしさが宿ると
  坂田山は永久に自然豊かな森だと
  俺達も動物達も共存共栄する世界だと











大明神山にて撮影