トップページに戻ります
故  郷  の  森 
 
 飯縄山・戸隠山・黒姫山・妙高山(火打山・焼山・金山)・斑尾山  
(信州北信・信濃・一茶の里・故郷の野山)  
 12-10

 我が生れ故郷は、一茶の母の仁之倉である。 子供のころから黒姫山の裾野を駆けめぐっていた。 そんな 野山やふるさとを紹介出来たらと思います。


  野山&湿原(池湖)&神社&寺の探索
 a01飯縄大明神鳥居〜十三仏へ 11-08-16
 a02奥社参道入口〜戸隠神社奥社へ 11-08-22
 a03妙高山、山頂の楽園 11-09-18
 a04いもり池 11-09-20




生かされて生きて故郷を離れ、時の流れに故郷を振返る」・・・服神院
故郷への道は近く、思い馳せる故郷は遠い」・・・服神院


  野山の詩歌
1)妙高山(火打山・焼山・金山・天狗原山)

 b01ふかふかな丸い草さんな   (焼山、山頂の草)
 b02郷愁な焼さんありがとう   (焼山)
 b03噴煙霊妙に聳える焼山  (笹ヶ峰の奥に聳える焼山)
 b04私が天狗になったなら  (火打山への途中にある天狗の庭)
 b05登山道の紅葉通り   (杉野沢橋〜焼山2400mへの登山道沿い)

 b06火打山の深遠から湧きいずる高谷池   
 b07火打黒沢への木道を歩きました    
 b08焼山の雲海   
 b09晩秋の黒沢池に語りたい    
 b10石の上に居すわる紅葉さん   (新潟県、焼山登山道沿い)

 b11展望台からの惣滝    (新潟県妙高市、燕温泉)11-09-18
 b12称明滝&光明滝   (新潟県妙高市、燕温泉)11-09-18
 b13赤倉清水、霧に咽ぶ林    (妙高高原、赤倉ゲレンデ)11-09-20
 b14笹ヶ峰の歩道を歩こう    11-10-24
 b15幽寂な鮒、赤尾岳の黄葉    11-10-24



2)黒姫山(御巣鷹山・佐渡山)

 c01黒姫様、清めの七つ池  
 c02佐渡山は神速に     (戸隠・高妻山と黒姫山の中間あたりに聳える)
 c03御巣鷹山[小黒姫]と大池     (黒姫山)
 c04御巣鷹山からの山々    (黒姫山の北に聳える)
 c05緑豊かな黒姫山に清き川の流れ   
 c06黒姫の神岩に導かれて  
 c07地獄渓谷から苗名滝へ  11-09-18



3)斑尾山(毛無山{大平峰}・袴岳・薬師岳・野尻湖)

 d01野尻湖は五岳の一滴水なり  11-09-18
      18-03-19 野尻湖でロマン発掘・・・近藤洋一氏、曰く
 d02薬師岳を感応道交に詠む   11-09-18
      
      



4)飯縄山(霊仙寺山・瑪瑙山・高デッキ山)

 e01念仏よ 聞いておくれ    戸隠牧場入口の県道東南付近
 e02飯縄山の頂きは如月なり   
 e03瑪瑙山からの高妻山よ   
 e04飯縄に霧が彷徨って候う  11-08-17



5)戸隠山(高妻山・五地蔵岳・九頭龍山・西岳)

 f01紅葉に染まる鏡池   (戸隠)
 f02西岳は純粋な神々の故郷なり   
 f03鏡池に霜雪がやってきた   
 f04戸隠山、蟻の戸渡り    11-08-16
 f05戸隠山、洞窟   11-08-16
 f06戸隠森林植物園、朝の森 11-08-16
 f07天命稲荷神社の深緑  11-08-18
 f08高妻山からの雲海  11-08-20
 f09五十間、百間長屋  11-08-22




童の頃は故郷に在り、大人の故郷は心に在り」・・・服神院
無一文で生まれて幾年過ぎ去れば、故郷は千金に値する」・・・服神院


  俳句の里

 g01一茶を偲んで俳諧寺  
      18-04-21 映画「一茶」で・・・・お蔵入り  製作会社が破綻、信濃・飯山など捜害  観光客増肩すかし

 g02小林一茶を語る   
      09-12-12 江戸期俳句コンテスト
      16-10-13 一茶・山頭火と詠む俳句  ◇江戸の文人ゆかりの「月見寺」、200人規模の大会を主催◇

 g03一茶と芭蕉の山道  

 g04[ひねくれ一茶]〜「一茶」を語る  







衣食住求めて故郷を離れる、晩年に富有になりて故郷思う」・・・服神院


  故郷の想い出

 h01幼い頃、一杯清水に連れられて  12 黒姫山の裾野
 h02母を偲んで黒姫山に登る     


 h51あー同窓生[小中] 柏原村 2007-01-01






国破れて山河在り
城春にして草木深し
時に感じては花にも涙をそそぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火三月に連なり
家書万金にあたる
白頭掻けば更に短く
すべてしんに耐えざらんと欲する


                             ・・・杜甫(春望)


故郷あれば懐かしむ心在り」・・・服神院
故郷清ければ想い出は咽ぶ」・・・服神院
故郷に帰れば野山は美しきなり」・・・服神院



我が心身に故郷在り、
生まれ出ずる流れに  
虚しき心を癒す薬風  
天地の自然風靡に   
万物の里に我れ在り
  

                     ・・・服神院


年々一葉落ちて故郷沁みる」・・・服神院
故郷に利害に欲を施す勿れ、                 
                 故郷は淡い所と思え」・・・服神院