トップページへ行きます
アルコールの過程[01]
 
  18-10

*飲み物・食事(食べ物)・添加物

*健康の為にも本を読もうね(^_^)/~~~
*読書は人生を健康に幸せを導く        
   
本を読んで詳しく知り健康を保ちましょう!!!
参考となる簡単な内容の一部を引用して乗せてみました
     

             食べるということは生物(植物・動物)の命を頂く行為である








    アルコール
2013-7/29
★ノンアルコール飲料
  日経ビジネス、技術&トレンドに「酔わない美酒、酵母に秘訣」。ノンアルコール飲料市場が急拡大している。大ヒットしたビールに続き、飲んでも酔わない日本酒や芋焼酎も登場した。味との両立の決め手は酵母や添加物にある。普通の酒の味にどこまで迫(せま)れるか。

  金沢市の創業400年近い酒造会社の[福光屋]が昨年末に開発した「純米酒ティスト飲料[零の雫]」である。アルコール成分は0%で、香料、着色料、保存料といった添加物が一切入っていないという。日本酒でアルコール0%は世界で初めてという。これからは酒造会社もうかうかしてはいられない世の中になりつつある。技術開発の怠った酒造会社はこの世から撤退せざるえないだろう。

  アルコール0.00%のビールも、サントリーはオールフリー、アサヒはドライゼロ、キリンはフリー、サッポロはプレミアムアルコールフリーと続々と世に出してきている。アルコールをストップさせた小生にとって福音なことである。是非とも地方の酒造会社も頑張って開発に力を入れて頑張ってほしいところである。






2015-07-10発行・・・「持たない贅沢」山嵜武也著より一部引用
●23、一杯を存分に楽しむ

  論語の中で孔子は「吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑はず、五十にして天命を知り、六十にして耳順(したが)ひ、七十にして心の欲する所に従へども矩(のり)を踰(こ)へず」と述べている。私は七十を過ぎているが、いまだにその各年齢時におけるハードルを一つもクリアしてはいないようだ。学に志そうとする気持ちだけはあったが、本気で取り組んでいたとは限らない。自立はしているように見えても、まだ足元はおぼつかない。

  どのように生きていくかについても、とまどうことの多い毎日だ。天が自分に与えてくれた使命についても、まだ依然として暗中模索をしている状態である。知識も多少は身につけたが、それが逆に先入観となって、聞いたことを素直に理解するのが難しくなっている。もちろん、自分が思ったとおりに振る舞ったら、人の道に違う結果になるだけである。至らないことばかりで、人に誇るには程遠い自分を認めざるをえない。


*一杯だけのほうがおいしいという心境
  しかしながら、ようやく最近になってであるが、多少は人間が出来てきたかな、と考えられる部分が生じてきた。酒を味わうという芸当ができるようになったことである。若いときから大酒飲みで、それは六十代になるまで続いていた。田舎から東京に出てきたころから、大都会の夜の魅力のとりことなった。夜な夜な繁華街に通って酒を飲むようになっていた。学生時代は真面目に学校に適い、夜も図書館に残って勉強する日も多かった。

  だが、そこを出てからは、カバンを手にしてバーやキャバレーを飲み歩くのが習慣になっていた。社会人となってからは、その習慣にさらに「磨き」が掛かり、仕事が終わると歓楽街に直行した。そのころはもっぱらビールとウイスキーが中心であったが、徐々に酒 量も増えて、いっぱしの酒飲みになっていった。酒を供する場では、酒を多く飲めば「強い」といわれて、しきりに褒められる。

  そのうえに酔いが回って調子に乗ることはあっても、酔っ払って正体をなくすることがなかったら、「立派」といわれて、さらにおだてられる。そこで得意になって、酒の腕を磨いていく。本人にとっては悪循環であり、店にとっては売り上げも上がっていく良循環だ。だが、そのような道理は、本人に通用もしないし、それをわかろうとする気はまったくなくなっている。アルコール中毒になってはいなくても、酒の魔力に取りつかれて、そこから逃げ出せない。

  酒を飲む世界の雰囲気を求めてやまない欲望が続いていていくのである。そのような状態が、程度に多少の違いはあったが、私が結婚して息子ができてから仕事の第一線から退くようになってから、年齢や健康のことを考えて、酒量を徐々に減らしていった。その結果は、夕食時に赤ワイン一杯を楽しむという段階への到達である。最初は多く飲んではいけないという考え方で、次に多くは飲まなくてもいいという考えに変わり、最近は一杯だけのほうがおいしいという心境である。

  これこそ「矩(のり)を踰(こ)へず」であるとして自画自賛している。唐の詩人である慮全(どろう)という人に、茶の効用を詠じた詩があるが、それは次のような内容である。「最初の一口で私の唇と喉がうるおう。二口目で私の寂しさが紛れる。三口日を飲むと私のはらわたに染みわたるが、詩文をつくる才能のない私は五千巻もの雑多な文字を見るのみである。四口目で、かすかに汗ばみ、この世の悪のすべてが毛穴から逃げていくようだ。五口目を飲むと私は清められる。

  六口目で、神々の国へと誘(いざな)われる。七ロ目、もうこれ以上は飲めない。袖の中に一陣の涼しい風が巻き起こるのを感じるのみ。仙人が住むという理想郷の蓬莱山はどこにあるか。この心地よい風に乗って、その方向へ飛んでいかせてほしい」これは「茶」についてであるが、そのまま「ワイン」のことに置き換えることができる。酒をすぐに茶になぞらえるのは、まだ私に酒飲みの片鱗(へんりん)が残っていて、俗臭芬々(ぞくしゅうふんぷん)である証拠であるといわれるかもしれない。

  ただ、量に任せて耽溺(たんでき)するのではなく、質を十分に深く味わい、さまざまに楽しもうとする姿勢になっていることは間違いない。一杯を視覚、聴覚、嘆覚、味覚、触覚の五感をフルに働かせて楽しむことに集中している。さらに、自分の知識と経験、それになけなしの知恵の助けも借りて、想像力を駆使して、何かを感じとろうとしてもいる。私にとっては小さな楽しみであるが、そこから広がっていく夢の世界は無限の可能性を秘めている。ワイン一杯を胸一杯にふくらませているのである。



*考察論
  私も彼のようなお酒の飲み方ができたら最高であったかなと思うが、いかんせん私はお酒を飲み始めると酔いつぶれるまで飲まないと気がすまないたちだった。それで手がしびれたりしていた。それらから逃れるためにお酒から遠ざかった。それは今も守られている。彼のような飲み方に私もなっていたなら今でもお酒を続けていたのかなと感じた。今となっては夢のお酒人生かな。






2016-08-06・・・日経より引用
●航空機内で酒を飲むと酔いやすい?
    原因は低酸素、酒量は半分に
    乾燥で血栓も…多めに水を飲む

  「機内で酒を飲むと酔いやすい」といわれる。旅気分が酔いを助長しているからかと思っていたが、実は血液の酸素濃度と深い関係があるという。航空会社の健康管理室主席医師を経て「渡航医学センターでの飲酒について話を聞いた。西新橋クリニック」を開いた大越裕文院長に、機内(ライター薬石 かおり)

  大越院長は「飛行機での飲酒は控えた方が無難」ときっぱり。酒好きには酷な話だが、飛行機での飲酒には、医師が注意を呼びかけるほど危険な場合があるようだ。理由は2つあるという。その一つが「低酸素」だ。飛行機は離陸後に高度を上げ、水平飛行では高度約1万メートルになる。飛行中は空気を外から取り入れて装置で気圧を調節する。機内の気圧は0・8気圧前後。0・74気圧まで下がることもある。私たちが普段生活する場は1気圧だ。富士山でいう5合目程度(2000~2500㍍付近)に匹敵。気圧の低下に伴い、空気中の酸素の濃度も減少、機内の酸素の濃度も平地の80%程度まで下がるという。簡単にいえば、1回の呼吸で体内に入ってくる酸素の量も2割減るということだ。

*脳の働き低下
  この状況下で、血液中のヘモグロビンがどれくらい酸素と結びついているかを示す酸素濃度(酸素飽和濃度)は92~93%程度。90%を切ると低酸素危険レベルとされる。機内は常に「危険レベル一歩事前の状態」と大越院長。「低酸素こそ、いつもより酔いが早いと思う要因の一つ」と話す。「脳は低酸素になるとパフォーマンスが落ち、判断力が鈍くなる。すると酔いに似た症状が現れることがある」と大越院長。そんなときに酒を飲むと、いつもよりアルコールの影響が強く出やすく「酔いが早い」と感じる傾向がある。

  健康な登山家を対象に、海抜171㍍の低地と同3000㍍の高地でアルコール摂取前後の血液中の酸素濃度を比較した研究によると、高地では低地に比べて酸素濃度が低く、さらにアルコールの摂取後は高地、低地のいずれも酸素濃度が下がると指摘されている。アルコールの摂取が体の低酸素状態を助長してしまうことがわかる。大越院長はパルスオキシメーターという装置を使い、成田空港-タイのバンコク間のフライトで自身の酸素飽和濃度の変化を調べた。飛行中は常に低酸素状態の値となり、特に半ばにがくんと下がった(図参照)。この時、ワインを2~3杯飲み、寝ていたという。

  眠るとリスク増「就寝時は健常な人でも呼吸が浅くなり、起きている時より酸素濃度は低くなる。アルコールを飲んで寝てしまうとさらに低くなり危険」と大越院長。旅慣れた人ほど「退屈だから酒を飲んで寝る」というが、再考した方がよさそうだ。低酸素状態によって、単にアルコールが効きやすいだけならまだしも「心臓病など持病のある人は症状が悪化する可能性がある」と大越院長。低酸素だけでも心臓などへの負担が大きくなりやすいが、もう一つの問題は「乾燥」だという。飛行開始後30分経つと機内の湿度は30%台に下がり、その後20%程度になる。快適に感じるとされる40~70%の半分以下。

  「極めて乾燥した状態。そこで利尿作用があるアルコールを飲めば血液中の水分が不足、血液の流れが悪くなり血栓ができやすくなる」 (大越院長)くわえて機内は同じ姿勢で長時間座るため、血栓ができやすい。糖尿病など生活習慣病のある人は、もともと血流が悪いことも多く、なおさら注意が必要だという。でも、旅の解放感にお酒の演出はほしいところ。機内で飲むなら、酒量の目安はどの程度だろう。「日ごろ飲む量の半分程度にとどめるのが賢明」と大越院長。アルコール度数の高いウイスキーやブランディは水で割り、ビールなど炭酸系はガス腹を招きやすいため避ける。

  飛行直前の地上でも飲み過ぎない。機内ではとにかく水分を多くとる。大越院長は「食事の水分量も含め、1時間に100㍉リットル程度が理想的」と話す。個人差はあるが、体重1㌔gあたり2㍉リットルの水を喉が渇く前に飲もう。ほかに、足を曲げたり、伸ばしたりするなどの軽い運動を欠かさない。機内はいつもとは環境が違うと意識し、せっかくの旅がつまらないものにならぬよう。夏休みに飛行機に乗る人は、飲み過ぎには注意しよう。(日経グッデイ「飛行機内の飲酒は百害あって一利なし!?」を基に再構成)




*エコノミークラス症候群も助長
  機内飲酒と深い関わりがあるのが「エコノミークラス症候群」だ。ビジネスクラスや飛行機以外の乗り物でも起こることから、昨今は「旅行者血栓症」と呼ばれる。長時間同じ姿勢で座り続けると下肢の血流が悪くなって血栓ができ、それが何かの拍子に肺に届き、動脈を詰まらせてしまうというもの。重篤になると死に至ることもある。女性の場合、特に経口避妊薬のピルを服用すると血栓症のリスクは高くなるといわれている。長時間フライトの際は飲酒の有無によらず、こまめな水分摂取、軽い運動の他、圧力がかかるストッキングを着用するなど、より一層のケアを心がけるようにしたい。






2016-11-24・・・日経より引用
●廃校生かし酒育む、世代・世界つなぐ

  日本海に沈む夕日に照らされる小学校。校舎内では地元の酒米を使った酒が”伸び伸び〞と育つ。佐渡島にある尾畑酒造は2014年から、廃校を利用した酒造り「学校蔵プロジェクト」に取り組む。専務の尾畑留美子さんは「例えばおじいちゃんと女子大生が語り合えるような、世代をつなぐお酒が理想」と語る。学校蔵では自然再生エネルギーを取り入れた酒造りに加え、地域活性化の役目も担う。年に1回、日本の将来などを議論するワークショップ「特別授業」を開催。今年は国内外から100人近い参加があった。

  「教室に入ると、肩書や年齢など関係なく皆が生徒になる。多様な人たちが1つの問題を語り合って、小さな化学反応が起こる」という。「気づきを得て発想が変われば、アクションが変わる。そうすれば未来も変えられる」尾畑さんは東京の映画会社で働いていたが、1995年に佐渡に戻って実家の蔵元を継いだ。当時、日本酒の需要は減り続けていた。「田舎になじめない上に市場は縮小するばかりで、八方塞がりの日々だった」と打ち明ける。さらに島の人口が減少し、「自分の生活圏からどんどん人が減っていく」ことも不安だった。小さな老舗蔵に大きな世界観を持ちこもうと、2003年から海外への直接輸出に取り組んだ。

  「ツテも無い無名の蔵で、最初は当然惨敗だった」。しかし、「前に進もうと思うからこそ、『壁』が現れる」と、自らを鼓舞して挑み続けた。数年たち、うまくいかない理由に気がついた。「品質やスペックばかりアピールしていた」のだ。個性となる生産地の魅力や造り手の気持ちといった物語が欠けていた。日本酒「真野鶴」を育む佐渡には「トキや美しい環境でのコメ作りなど、ここにしかない宝がたくさんある」ことを伝えるようになった。現在は15カ国・地域に輸出する。「海外で異文化に触れると、相手の良さとともに自分の良さも見えてくる。日本酒は故郷の魅力を伝える語り部。これからも佐渡と世界をつなぐ酒造りを目指す」




【おばた・るみこ】
1965年新潟県生まれ。尾畑酒造「共野鶴」蔵元の次女。88年、慶応義塾大学法学部卒業後、日本ヘラルド映画(当時)宣伝部に勤務。95年、結婚とともに佐渡市に戻り尾畑酒造に入社。同社専務。利き酒マイスター。日本酒造組合中央会裔要開発委月。農林水産省食料・農業・農村政策審議会臨時委月。著沓『学校蔵の特別授業』(日経BP社)。






2017-02-19・・・日経より引用
●SAKE造り米国人挑む
    日本の老舗に負けぬ味
    元金融技術者、失業で一念発起

  世界各地で日本酒人気が高まるなか、米国の地酒が日の目を見るようになってきた。米国人男性が造った純米吟醸が2016年、国際的な品評会で日本の老舗造り酒屋などの銘酒と並んで金賞を受賞した。男性はリーマン・ショックで職を失い、一念発起して酒造りを開始。米国産の地酒を広めようと、ふくよかな香りが満ちる醸造所で仕込みを続けている。

  一見すると、ラベルも瓶も白ワインのようだが、ロに含むとすっきりとした日本酒の味わいだ。自慢の純米吟醸「ブルー・カレント」を手にしたダニエル・フォードさん(47)は「バナナとバニラのような華やかなアロマを感じるでしょう」。日本酒になじみのない米国人に売り込むため、あえてワインのような外見にしたという。

*品評会で金賞
  「ブルー・カレント」は昨年8月、英ロンドンで開かれた品評会「ロンドン・サケ・チャレンジ」で、日本国内の老舗造り酒屋の銘酒など29銘柄とともに金賞に選ばれた。フォードさんの小さな醸造所は、日露戦争の講和会議が開かれた米東海岸ポーツマスの中心部から車で10分ほどのメーン州キクリーにある。キクリーの気候は日本の東北地方や北海道に似ており、冬は雪に覆われ酒造りに適している。酒造りに欠かせない水は、近くの湖から引く軟水で、口当たりのいい酒になる。またコメはカリフォルニア産のコシヒカリ。4割削った小さな米粒を使い、純米吟醸に仕立てる。

  日本酒造りは、麹(こうじ)や洒母造り、仕込みなど複雑な工程が必要だが、フォードさんはほぼ1人でこなす。高温多湿に保つ麹部屋や、仕込み用、貯蔵用など各種タンクといった機器類は自分で設計。タンクの製造は中国企業に発注し、既製品を購入するより投資額を9割も減らした。25㌦(約2800円)の750㍉㍍入りのボトルを月間1200本生産し、米国38州と英国に出荷している。現在、大市場であるニューヨーク進出を検討中だ。

*各地の酒蔵見学
  フォードさんはハーバード大を卒業後、DNAの研究などを経て金融システムコンサルタントになった。05年に異動で来日し日本酒と初めて出合う。■帰国後、リーマン・ショックでリストラに遭い、2年ほど職を探したが「リスクはあっても自立したほうが楽しい」と起業を決めた。もともと趣味でビールやシードルを造っていたが、地ビールは米国で既に多くの業者が手掛けており、成長の余地が見込める日本酒を選んだ。京都や大阪、広島の造り酒屋を見学したほか、セミナーに参加するなどして酒造りを学び、15年に本格的に生産を始めた。








2017-02-20・・・日経より引用
●酒米、地方色醸す
    相次ぎ復活、新品種開発も
    地酒、個性的な味に磨き

  酒造好適米(酒米)といえば兵庫県を中心に生産される「山田錦」や新潟県などの「五百万石」が知られるが、各地で開発したり、復活させたりした個性的な洒米で日本酒を作る動きが広がっている。日本食ブームで日本酒の輸出が増える一方、国内では個性のある日本酒の人気が高まりつつあることが背景にある。

  「大丸神戸店近くの有名な居酒屋に『強力』(ごうりき)を置いていただいた」。中川酒造(鳥取市)取締役蔵元の中川盛雄氏は満面の笑みをたたえながら語った。「強力」は鳥取県で生産される酒米。同社はこのコメを使って「純米大吟醸 強力」などを製造している。名前のごとく「しっかりした味わい」(中川氏)だ。強力は大正時代、当時の鳥取県の試験場が育成し、山陰で栽培されていたが姿を消した。「土地独自のブドウ品種で作るワインのように、地酒も地方色を大切にすべきだ」と考える中川氏らの取り組みにより栽培が復活。

  1990年に酒を商品化した。今では県内8つの蔵元が契約農家の栽培する強力を使用。2016年は前年より6%多い957キロの種もみで酒米を生産した。京都府で復活したのは「祝(いわい)」。1933年に京都府立農事試験場で誕生。その後、途絶えていた生産を伏見酒造組合などが復活させた。府農林水産技術センターの大橋善之主任研究員によると祝で博した酒は「ふっくらした味わい」。昨年は酒造会社から429トンの要望があり「作柄はよくなかったが、424トンは確保できた」。農業法人で祝を生産する綾部市の西山和人氏は「コシヒカリより単価が高く安定収入が見込める」と栽培に前向きだ。


*2品種で過半
  洒米の需要は増えている。農林水産省は昨年、酒造会社を対象に洒米の需要調査を実施。17年の洒米需要圭は16年を約2千トン上回る9万8千~10万トンと推計した。調査では山田錦が3万4900トン、五百万石は1万9500トンを占める。この2品種で全体の半分以上を占める構図は従来通りだが、特筆すべきは、ご当地酒米の需要が増加している地域が相次いでいる点だ。例えば岩手県オリジナルの洒米「吟ぎんが」は17年産の需要が16年産に比べて1割増えている。石川県の「石川門」に撃っては2倍だ。「かつて日本酒は琴っコメを使っても似たような味に造っていた。今ではコメに合った遣り方を研究する酒蔵が出てきている」。酒類総合研究所(広島県東広島市)の岩下和裕・成分解析研究部門長はこうみる。


*酒造のこだわり
  消費者に向けて個性を打ち出したい酒蔵はコメにこだわる。そのこだわりは酒米の新品種にとって追い風になっている。熊本県農業研究センターが開発した「華錦」(はなにしき)は、熊本県酒
造研究所杜氏(とうじ)の森川智製造部長によると「しっかりとした芳醇(ほうじゅん)な味の広がりがある」。同県の酒造会社の間でも「使いやすいと評価されている」(熊本酒造組合)。同組合の調べでは16年の収量は90トンと本格生産を始めた15年の2・5倍になった。熊本地震の影響がなければさらに増えていたという。

  「県内の酒造会社の需要に応じ切れていない」(同)ため、17年は収量を180トンに倍増させる計画だ。「独自品種の開発の働きは遅れていた」 (福島県農業総合センター品種開発科)という福島県が開発したのが「夢の香」だ。五百万石に比べ耐冷性が高く、粒は大きめ。稲の背丈は低く倒伏しにくいため機械での刈り取りなど作業性も高いという特徴を備えている。生産量は徐々に増え、15年の県内生産量は917トンと、五百万石の県内生産量(1069トン)に迫る。

  福島県酒造組合によると「できた酒の評価は高い。繰り返し使うことでコメの癖もつかめるようになり広がり始めた」(阿部浮専務理事)。現在は県内33の蔵元が採用し、主に純米酒や純米吟醸酒を造っている。さらなる新品種を開発する動きも活発だ。京都府では「祝」の後継品種の開発が進む。中心部の「心白」を小さくし、精米しやすくすることでより洗練された酒が造れるようになる。収量も増え、20年代初頭ごろに登場する見込みだ。「より栽培しやすく。よりおいしく」を目標に洒米は各地で進化を続けている。(松本勇慈、佐藤敦、船越純一)




*欧州のワイン手本に、風土反映した味・香り
  今、洒米は「山田錦」が不動の横綱だ。主要産地の兵庫県で栽培される品質の高い山田錦は引っ張りだこで、日本酒品評会でもこのコメで造った酒は上位の常連だ。東北などの一部の蔵元も同県の山田錦を使う。「親祭」 (だっさい)で知られる旭酒造(山口県岩国市)は山田錦しか使用せず、桜井博志会長はその味わいを「華やかさと鋭さがある」と表現した。確かに山田錦は優れた酒米だが、一方で地域に根ざした個性のある酒を味わいたいという消費者も増えている。日本酒と同じ醸造酒で、世界中で生産されているワインは、地域で栽培されたブドウを使い、地域ならではの気候や土壌を反映した香りや味わいを楽しむ。

  地域固有の酒米を使う流れは、これに沿ったものといえる。その中では各酒米の味わいをどう消費者に伝えるかが大事になる。例えばフランスのボルドー地方などで作られるブドウ品種のカベルネ・ソーブイニヨンは赤ワインになると「若い時期はタンニンが豊富。パワフル」などの特徴を持つ。この表現は世界共通だ。各地で生産される洒米が消費者に浸透するためには特徴を具体的に説明することが求められる。酒類総合研究所の岩下氏は「それぞれの違いを味としてどう表現するかが重要」と話す。ワインと同様に語られるようになれば、日本酒はますます面白くなる。同研究所の後藤奈美理事長は「地域の環境にあった品種の生産は地域据興につながる」とみている。(伊藤健史)






2017-12-14・・・日経より引用
●アルコール依存症今こそ治療
    飲酒の誘惑薬で断つ

  国内に100万人もの患者がいるといわれるアルコール依存症の治療の選択肢が広がってきた。飲酒時に強烈な不快感を引き起こす抗酒薬のほか、お酒を飲みたいという欲求を減らす飲酒抑制薬が登場。飲み会の前に飲んで効果が期待できるなどより手軽に服用できる薬の開発も進む。飲酒への誘惑を断ち切れるように自分に合った治療が選べる時代になってきた。


  「抗酒薬のおかげで現在の自分がある」。都内に住む63歳の男性は12月の週末、江戸川区の区民ホールで開かれた江戸川断酒会に参加し、こう振り返った。「会社への恨みが酒のつまみだった」 「仕事も女房も失ってしまった」。この日の断酒会では60歳以上を中心に66人の参加者が集まり、白身の失敗談や断酒の誓いを思いのままに語った。自身の意思だけでは飲酒をやめることは難しく、同じ思いを抱える人との経験の共有が大事になる。こうした断酒会は都内各地でほぼ毎日開かれている。

  アルコール依存症は飲酒時に心地よさを感じたり、楽しくなったりした経験を繰り返すうちに飲酒が習慣化。お酒への耐性が強まって酒量が増え、家庭や職場で飲酒問題が顕在化する状態を指す。飲酒を我慢すると発汗やイライラ、不眠などの症状が出やすくなる。アルコール依存症の診断基準には、世界保健機関(WHO)が策定したガイドラインがある。過去1年間に「飲酒したいという強い欲望や強迫感」 「禁酒あるいは減酒したときの離脱症状」など6項目申、3項目以上が当てはまり、同時に1カ月以上その状暦が続いた場合などとしている。

  依存症になると酒量を自らコントロールするのは難しくなるが、断酒を継続することで飲酒に伴うトラブルをなくすことができる。断酒のための薬が抗酒薬だ。抗酒薬を服用後にお酒を飲むと、下戸の人が飲酒したときのように心臓の激しい動博(どうき)や吐き気を催し、飲酒を抑制する効果がある。抗酒薬には「ノックビン」や「シアナマイド」の2種類がある。東京アルコール医療総合センター(東京・板橋)の垣渕洋一センター長は「シアナマイドは肝障害の副作用が出ることがあり、ノックビンが第1選択肢」と語る。

  ただ抗酒薬は飲酒時の不快感と肝臓や心臓への負担が大きい。より緩やかに症状の改善が期待できる飲酒抑制薬も登場した。日本新薬が2013年に発売した「レグテクト」だ。一日3回食後に服用すると、脳の中枢神経に作用して飲酒欲求を抑える。壇渕センター長は「抗酒薬と飲酒抑制薬を併用し、効果を確実にするのがよい」と話す。飲酒抑制薬の分野に新規参入するのが大塚製薬だ。10月、治療薬「ナルメフェン」の製造販売承認を厚生労働省に申請した。審査が下りれば、18年度にも国内販売を始める見込みだ

  飲酒の1〜2時間前に服用すれば、飲酒時に特有の心地よさを感じにくくなるため、酒量が抑えられる。飲酒への欲求はうつや不安から逃れるためもあるが、ナルメフェンはそうした心理不安も抑えられるという。「断酒はハードルが高いが、飲酒抑制薬は酒量を中期的に減らせる効果が期待できる」(メディカル・アフェアーズ部の林孝子氏)国内で660人の愚者を対象に最終段階の第3相臨床試験(治験)を実施した。多量飲酒(ビール中瓶.3本以上相当)の日数が月11日と、服用前の約半分に減らせたという。、垣渕センター長は「禁煙補助剤の『チャンピックス』に似た効果が期待できる」と話す。(安西明秀)




*患者、国内100万人
    20~90代に年齢層広がる、受診は1割に満たず

  厚生労働省の調査によると、国内のアルコール依存症患者数は2003年の80万人から年に100万人に増加したとされる。アルコール依存症に対する認知が進んだ結果、患者本人が自主的に受診したり、職場の周囲の人間が受診を勧めたりするケースが増えており、認定数が増える傾向にある。東京アルコール医療総合センターの垣渕センター長は「以前は中高年の病気という印象だつたが、20代から90代まで年齢層が広くなった」と指摘する。

  女性の受診も増えているという。それでも受診率は1割以下にとどまると推定されている。重症になるほど、自身の依存症を認めない傾向が強10国内に飲酒習慣がある人は7千万〜8千万人いるとされる。その中にはアルコール依存症までいかなくても多量飲酒で問題を抱える人が1千万人いるという。大塚製薬の「ナルメフェン」はこうした層にも効果がぁると期待されてい
る。







1998-11-28発行